SAMPLE COMPANY

さまざまな障害

自閉症
ADHD

発達が気になる子どもたち

教室にいる子どもたちの中には発達障害、もしくはグレーゾーンと言われるお子さんが年々増加の傾向にあり、今では3人に1人が何らかの問題を抱えています。
合理的配慮インクルーシブ教育とはいうものの、それぞれ違った症状のあるお子さんに対し個別に満足な対応がとられていないのが実状です。
これまで発達障害は一生治らないと信じられてきました。
しかし、日常生活の中で身体全体の健康を改善させ、中枢神経の発達を促していくことで、大きく改善したり症状がなくなる人もいます。
また、腸での消化吸収が神経伝達に大きく影響するということがわかり、腸の働きや栄養に注目したアプローチ法も取り入れられるようになってきました。
食事や環境など生活の中で子どもの発達障害を改善に導くことができるのは家族の力です。
薬や教育現場に頼るだけでなく、家庭でできることから考えてみませんか。

合理的配慮:障害のある人が教育、就業、その他社会生活において平等に機会を得て参加できるよう、社会的障壁を取り除くための配慮のこと。
インクルーシブ教育:障害のある者と障害のない者が共に学ぶ仕組み 。

発達障害の原因

発達障害の原因として考えられているのは、妊娠中の母親の喫煙・飲酒、受動喫煙、てんかん発作、てんかん性の脳波異常、 脳の傷(外傷)、脳炎、髄膜炎、脳症、頭部の放射線被ばく、食品添加物、環境汚染物質、遺伝などがあります。
また海外論文によると、特定の遺伝的な要素を持つ人が環境毒性の被害を受けた結果障害が発生することも認められています。
そのほか発達障害の子どもの家族には神経の障害疾患を持つ人が高確率で存在するともいわれています。
遺伝や環境要因による先天的な発達障害もありますが、一歳ごろから症状が現れるなどの後天的な障害もあります。
退行型の障害の原因は、予防接種や農薬などの外界の環境によるものと考えられています。
発達障害の子どもの栄養状態を調べてみると、鉄やたんぱく質が大きく不足していることがわかってきました。
その原因は妊娠中の母親の栄養が不足していること、食物から満足に栄養が摂取できないことにもあるようです。
どのような要因で発達障害になるのかは確定できないことが多いですが、改善する方法として中枢神経への刺激やサプリメントなどでの栄養摂取などが取り入れられています。